ドラム式洗濯機は二度と買わない!後悔する理由は?

暮らし
Pocket

 

洗濯から乾燥までできるドラム式洗濯機

 

従来の縦型と比べてその性能は高く、

洗剤は少量でOK、節水機能付きとエコな家電です。

 

天候に左右されることなく

お洗濯ができるのも魅力的ですよね。

 

時短家電として注目されていますが、

その分デメリットもたくさんあります。

 

お手入れがめんどくさい。

すぐ壊れるし、修理代が高い

 

中には「二度と買わない!」なんて声も。

 

今回は、ドラム式洗濯機のメリット・デメリットと共に

買って後悔した理由を紹介します。

 

 

ドラム式洗濯機のデメリットとは?

 

便利で時短家電のドラム式洗濯機。

 

家電量販店でも、縦型よりドラム式洗濯機が

多く置かれているのを見かけます。

 

今、とても人気のあるドラム式ですが、

実はデメリットが多いのです。

 

 

お手入れが大変!毎回フィルター掃除が必要!

 

 

 

 

ドラム式洗濯機はほこりや髪の毛などの

汚れが溜まりやすく、こまめなお手入れが必要です。

 

パッキンのすき間にゴミが溜まったり、

フィルターがほこりで目詰まりすることも。

 

洗濯機の故障につながることもあるので、

フィルターの掃除は毎回必須です!

 

ただ、ドラム式洗濯機の種類によっては

フィルターの自動掃除機能つきもあります。

 

その機能を使えば、

少しはお手入れが楽になりますよ。

 

 

故障しやすい!修理代が高い!

 

メーカーによっては壊れやすいものもあり、

中には買ってから1年程で修理が必要になったケースも。

 

しかも、修理にかかる費用

新品の縦型洗濯機が買えるほどの値段になることもあり

非常に高いのです。

 

一度不具合が起きると、そこから

毎年修理が必要になることもあるそうです。

 

 

時間がかかる!

 

時短アイテムとして注目されていますが、

洗濯から乾燥までしたら

実はかなり時間がかかります

 

夜洗濯機を回して

朝には乾燥まで終わってるので、

この使い方をする方が大半ですね。

 

洗濯機を2回まわしたいときなど、

日中に洗濯していると

待ち時間がかなり長く感じられるようです。

 

 

洗濯物が多過ぎたらすっきり乾かない!ゴワゴワしわしわになる!

 

ドラム式洗濯機の乾燥機能を使うとき、

注意しなくてはいけないのはその「容量」です。

 

実は洗濯容量より乾燥容量の方が少ないのです!

 

つまり、洗濯から乾燥まで

一気にやってしまおうと思ったら、

「乾燥容量」で洗濯物を入れる必要があります。

 

例えば

洗濯容量 12kg/乾燥容量 6kg

の洗濯機であれば、

洗濯ものを6kgしか入れられません。

 

もちろん6kg以上入れても

乾燥までしてくれますが、

 

・乾燥ムラがある(乾いていない)

・ごわごわシワシワになる

・最悪エラーで洗濯機が止まる

 

ということになります。

 

洗濯物の量が多いご家庭は、

一度に全て洗うのは難しいかもしれませんね。

 

 

洗浄力が縦型よりも弱い

 

縦型洗濯機とドラム式洗濯機は、

洗濯方法が異なります。

 

縦型は衣類をこすり合わせて洗うのに対し、

ドラム式は衣類を上下に叩きつけて洗います

 

節水機能があるため水の量も少なく、

ドラム式の洗浄力は弱くなります

 

特に、泥汚れはなかなか落ちません。

 

そのため、お子さんがいる家庭だと

汚れが落ちていない!なんてことがよくあるそうです。

 

 

洗濯物の追加投入が難しい

 

ドラム式洗濯機の特徴は、横に開閉扉がついていて、

洗濯物が取り出しやすい構造になっています。

 

そのため、洗濯中に扉を開けると

水が出てきてしまいます

 

入れ忘れや追加の洗濯物があっても

縦型のように洗濯中に扉を開けて投入することはできません

 

 

布団カバーや敷物などの大きいものはエラー出がち

 

布団カバーや大きな敷物などは

洗濯槽内のバランスが悪くなって片寄りが起きます。

 

特に、縦型よりドラム式の方が、

片寄りは起きやすいです。

 

エラーが出る度に片寄りを直さなくてはいけないので

とても面倒で時間がかかります。

 

 

ドラム式洗濯機のメリットとは?

 

「二度と買わない!」というほどデメリットの多い

ドラム式洗濯機ですが、メリットはあるのでしょうか?

 

縦型に比べ、しっかり乾かすことができる

乾燥機能がポイントです!

 

 

天気も時間も関係なくいつでも洗濯できる!

 

梅雨の時期や雨続きのときは、洗濯物が溜まりがち。

 

そんなとき便利なのは、

やっぱり乾燥機能がついているドラム式洗濯機です!

 

お天気関係なく、いつでも

洗濯物がふわふわに仕上がります。

 

衣替えでたくさん洗濯したいのにいつやろう?

部屋干し臭が気になる…

なんて気にすることがなくなります!

 

 

干す手間も取り込む手間もなし!最高の時短!

 

ドラム式洗濯機で乾かしたあとは、

そのまま畳むだけでOK!

 

放り込み収納にしていれば

たたむ手間もカットできちゃいます。

 

干したり取り込んだりする必要なし!

毎朝20分かけて洗濯物を干していたのが

ゼロになります!!

 

忙しい朝にする家事が減るので

朝時間に余裕が生まれますね。

 

「なんでもっと早く

ドラム式洗濯機を買わなかったんだ!」

と後悔する人続出の

最高の時短ですね。

 

 

部屋干しスペースが空く!

 

洗濯物を部屋干しすると、

かなりスペースを取られます。

 

部屋の入口やカーテンレールに掛けたり、

部屋の一角を洗濯スペースにしている方もいるでしょう。

 

ですが、ドラム式洗濯機なら

干さないのでスペースも必要ありません

 

これが意外に大きなメリットだったりします。

洗濯物がある景色に慣れていると、

それがなくなったとき

この部屋こんなに広かったっけ?と

感動しますよ。

 

 

子育て世代!ドラム式洗濯機をおすすめできる?できない?

 

子どもがいると、日々の洗濯物は

多くなりがちです。

 

特に食べこぼしや泥などの汚れものが多く、

毎日何度も洗濯機を回すお母さんもいるでしょう。

 

子育て家庭にとって、ドラム式洗濯機は

おすすめできる洗濯機なのでしょうか?

 

 

ドラム式洗濯機をおすすめするのはこんな人

手入れの必要性や数々のデメリットがありますが、

便利で性能がいいところもあります。

 

デメリットをうまく解決できれば

ドラム式洗濯機はおすすめです!

 

 

毎日の掃除が苦にならない

 

毎日お手入れが欠かせないドラム式ですが

それが苦にならない人ならおすすめです!

 

日頃からこまめに掃除をしている人なら

毎日のお手入れも苦にならないでしょう。

 

 

一度に洗う洗濯物の量が少ない

 

洗濯物を乾燥まで行うとき、

洗濯容量と乾燥容量の確認が必要です。

 

乾燥までするとなると、

洗濯容量より

少ない量で洗濯しなくてはなりません。

 

そのため、ドラム式洗濯機は

洗濯物が少ない家庭

または

2回に分けて洗濯機を回すのが苦にならない人

におすすめです。

 

 

運動部男子系の汚れものが出ない

 

時短で便利なドラム式洗濯機ですが、

洗浄力の面では縦型洗濯機に軍配があがります。

 

食べこぼしや泥汚れは予洗いが必要なことも。

 

スポーツをやっているお子さんがいるご家庭では

ひと手間増えてしまうかもしれませんね。

 

汚れ落ちが気になるなら、

温水洗濯機能がある機種を選ぶといいでしょう。

 

 

故障の可能性があっても日々の時短には代えられない!

 

故障しやすいと言われても時短の方が大事!

特に共働きや子育てに忙しい主婦の方は、

そう思う方が多いのではないでしょうか。

 

朝の20分って貴重な時間ですよね。

1週間で2時間以上の時短になります。

 

毎日の時短を取るのか

故障するリスクを避けるのか

どちらが優先か考えてみてくださいね。

 

ドラム式洗濯機すべてが

すぐ故障するわけではありません。

問題なく使い続けているご家庭もたくさんありますよ。

 

 

ドラム式洗濯機の閉じ込め事故に注意!!

 

ドラム式洗濯機の中に子どもが入ってしまい

閉じ込められてしまう事故が起きています。

 

洗濯機が横向きなので中に入りやすく、

また気密性も高いため中からは開けられません

 

一定の操作をしないと扉を開けられない

チャイルドロック機能の付いた洗濯機があります。

 

小さい子どもさんがいるご家庭は、

チャイルドロックのあるドラム式洗濯機を選びましょう。

 

 

まとめ

 

ドラム式洗濯機には多くのデメリットがあります。

 

縦型の方がいいという意見も多くありますが、

時短家電としてはとても優秀な家電です。

 

特に乾燥機能のおかげで、

干したり取り込んだりする

手間がないのは大きな魅力です!

 

デメリットをふまえて、

あなたの生活に合っているか

検討してみてくださいね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました