エアコンからぬるい風しか出ない!効きが悪いときの対処法は?

暮らし
Pocket

 

エアコンからぬるい風しか出なくて

困っていませんか?

 

真夏の暑い日にぬるい風しか出ない。

寒いのに部屋が暖まらない。

 

その原因は、エアコンの機器自体の問題や

周辺環境などいろいろな要因が考えられます。

 

自分で解決できることもあれば、

修理が必要な場合も。

 

今回はエアコンからぬるい風が出る原因について

詳しく解説していきます。

 

何が原因なのか、どう対処したらいいのか

この記事を参考にしてみてください。

 

 

エアコンをつけても冷えない・暖まらない!原因は?

 

エアコンをつけても冷えなかったり、

暖まらないのは不便ですよね。

 

エアコンの効きを良くしようとして

温度を下げたり、強風にしたりすると

電気代もかかってしまいます。

 

特に、真夏に冷房が効かないのは

かなりキツイですよね。

 

冷えない・暖まらない原因は何なのか?

どうしたら改善するのか見ていきましょう!

 

 

①エアコンのフィルターが汚れている

 

エアコンのフィルターがほこりやカビで汚れていると

冷気がうまく室内に広がりません。

 

特に、長い間使っていないと

フィルターに汚れが溜まりやすくなります。

 

その結果、エアコンの効きが悪くなるだけでなく

異臭の原因になることも!

 

エアコンを使用する前に

必ずフィルターの掃除をしましょう!

 

 

②エアコンの室外機の周りに物を置いている

室外機の周りの物を置いてしまうと、

空気の流れが滞ってエアコンの動きが悪くなります

 

エアコンの効きを良くするには

空気を循環させることが大事!

 

室外機周辺の物をどかして

十分にスペースを空けてみてください。

 

空気の流れを作ってみましょう。

 

 

部屋の広さとエアコンの対象広さが合っていない

エアコンには、部屋の広さに対して

十分に稼働できる適正サイズがあります。

 

エアコンの適正サイズ以上の部屋になると、

能力不足で十分に冷却できません

 

自宅のエアコンが何畳対応か確認し

実際の部屋の広さに合っているか確認してみましょう。

 

もし、エアコンの適正サイズより

部屋が広かったら

サーキュレーターを使ってみてください。

 

冷気が循環して部屋が冷えやすくなりますよ。

 

 

エアコンからぬるい風しか出ない!原因を取り除いてもダメなら

 

原因を取り除いても

エアコンからぬるい風しか出ていなければ

機器自体の不具合が考えられます。

 

エアコンの故障や寿命が原因の可能性が高いです。

 

そうなると修理や買い替えを

視野に入れなくてはいけないかもしれません。

 

 

エアコン本体のリセットを試してみる

エアコン本体には空調制御装置がついています。

空調環境を快適に維持するための装置です。

 

その不具合が原因で

ぬるい風が出ることがあるのです。

 

これは本体をリセットして再起動させると

問題を解決できるかもしれません。

 

リセット方法は基本的には

コンセントを抜く

5分ほど放置

コンセントをさす

というものですが、

 

リセット方法はメーカー・機種によって違いますので

必ず取扱説明書を確認して下さいね。

 

もし、手元に説明書がなかったら

下記のリンクを参考にしてください。

 

エアコンの取扱説明書 アイエア・コンフォートHP

 

ダイキン、三菱電機、パナソニック、日立、

シャープ、三菱重工、富士通の説明書が見れます。

 

ご自宅のエアコンの説明書を参考に

リセットを試してみましょう。

 

 

リセットをしてもダメなら修理または買い替えを検討

リセットをしてもぬるい風が出ていたら

機器の故障が考えられます。

 

その場合、自分では直せないので

専門の修理業者に相談するか、買い替えを検討しましょう。

 

エアコンの故障で

一番多い原因は冷媒ガス漏れです!

 

筆者の家のリビングのエアコンは

ある日急に動かなくなりました。

 

購入して3年くらいのエアコンで

そんなに古くもないし、

昨日まで稼働していたのに

急に冷えなくなったので

「え?なんで?なんか変なボタン押した??」

みたいな感じでした。

 

エアコン本体のランプがついていて、

「いつもはあのランプついてなくない??」

「もしかして故障?」となりました。

 

暖房にしたりリセットしたり、

いろいろ試したけどダメ。

購入した電器屋さんに連絡して

冷媒ガスもれが原因と判明しました。

 

「買って3年で冷媒ガスもれとかある?!」

と思いましたが(施工不良または製品不良を疑った笑)

保証期間内だったこともあり、

無料で対応してもらったので

そのことには触れずに修理してもらいました。

 

 

冷媒ガスもれの場合の修理費はどれくらい?

 

エアコンの冷媒ガスが漏れていると

エアコンが正しく稼働しません。

 

冷媒ガスとは、冷たい空気を出したり

暖かい空気を出すのに必要なガスです。

 

このガスが循環することで

冷たい空気または暖かい空気を出すことができます。

 

エアコンから水が出ていたり、配管に霜がつく場合

冷媒ガス漏れが考えられます。

 

修理費用は保障内容や故障状況によって

タダの場合もあれば

エアコン1台買えるくらいかかることも。

 

 

ガスの充填だけで済むこともあれば、

部品の交換が必要になる場合もあります。

 

見積もりをしてもらわないと金額がわからないので、

まずは修理業者に見積もりをお願いしてみましょう。

 

エアコンの保証期間内であれば、

たいてい無料で対応してもらえます。

 

もし、10年以上経っているエアコンなら

新品を買うより修理費の方が高くつくこともあるので、

買い替えも視野に入れて下さいね。

 

 

買い替えたくても商品在庫なしや取替工事が1ヶ月先になることも?!

 

今、買い替えたくても半導体不足のため

商品の在庫ないことがあります。

 

また、夏場や冬場の時期は

エアコン業者にとっては繁忙期になります。

 

そのため、取替工事が1ヶ月先になることも!

 

修理代の見積もりを見て、

「修理代が高いから買い替えにしよう!」と思っても

すぐ交換できるかはわかりません。

 

場合によっては

とりあえず修理をして

夏をしのぐことになるかもしれません。

 

修理見積と並行して

買い換えたらどのくらい日にちが

かかるか調べておくと参考になりますよ

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

エアコンからぬるい風がでるときは

いろいろな原因が考えられます。

 

まずは自分で対処できる解決策を

試してみましょう。

 

それでも直らない場合は

修理や買い替えが必要です。

 

しかし、半導体不足もあっていざという時

すぐに修理や買い替えができないことがあります。

 

取替に1ヶ月かかることもあり、

その間はエアコンが使えない生活です。

 

エアコンが必要になるシーズン前に

一度フィルター掃除や試運転をしてみて

異常がないか確認しておきましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました